お風呂の排水溝を覗いて抜け毛が気になり始めたら、日々行っている洗髪方法を改めてみましょう。間違ったやり方が育毛を阻害しているかもしれません。

お風呂の掃除をする頻度はどの程度でしょうか。あまり見たくはないですが、定期的に排水溝を調べた方がよいでしょう。最近抜け毛の量が増えていませんか。気にしすぎてもいけませんが、バロメータになります。体調や季節による違いもありますが、洗髪方法によって育毛に差が出る、そんな話もあるようです。

毎日100本以上は抜けています

人間は日々新陳代謝を行っています。髪も例外ではありません。諸説ありますが、どんな人でも毎日100本以上は抜けているようです。長い髪の女性であっても、髪一本の寿命は同じです。そのため排水溝を眺めて溜息をついてはいけません。

気にしすぎると、それがストレスとなり抜け毛を助長します。遺伝的な問題もあるでしょうが、薄毛の大きな理由としてストレスが指摘されています。ある意味で楽天的に過ごしましょう。仕事や家庭内の悩みも早めに解消しましょう。

肌質に合ったシャンプーを使いましょう

シャンプーを選ぶ基準は何でしょうか。著名人が宣伝しているからですか。とはいえ人によって肌質は異なります。乾燥肌や脂性体質、その違いによって使うシャンプーを変えるべきです。間違った選択が毛根を傷めて抜け毛を助長している事例は少なくありません。

育毛を重視したいなら、専用のシャンプーを利用しましょう。できれば医師と相談すべきですが、薬剤師さんの助言も有効です。さらに一回分の量も大切です。薬効があるタイプなら、適量に止めないと逆効果のこともあります。

洗髪方法を改めてみましょう

洗髪という言い方には語弊がありそうです。つまり育毛を考えた場合、頭皮を丁寧に洗うことが重要だからです。余分な皮脂とほこりなどの汚れを落とす一方で、頭皮を守ってくれる皮脂は残す。このバランスがカギになります。

整髪料を落とすためであっても、強すぎるシャンプーは危険です。頭皮を傷つけます。もちろん爪を立てて洗ってはいけません。毛根を傷めている原因はそこにありそうです。お風呂で抜け毛に気づいたら、第一に洗髪方法を改めてみましょう。
お風呂上りに負けるな!!
下記を参考に薄毛対策を行いましょう
育毛にいい栄養素を知ろう