お酒が好きと言う人も多いでしょう。毎日飲むなんて人もいるでしょう。楽しく美味しいお酒ですが、育毛中に飲んでいいのか気になります。ここではお酒と育毛を見ていきます。

これからは、育毛を心がけようと言う人もいるでしょう。そんな人でお酒好きなんて人もいるはずです。付き合うときに飲むこともあれば、毎日でも家飲みするなんて言う風に飲み方もさまざまです。しかし、育毛するときにお酒はいいのでしょうか。

お酒と髪の毛の関係とは

まず、普通にお酒を飲むことでのメリットはなにがあるのでしょうか。
お酒を飲むことで活性酸素の除去が期待できます。活性酸素が多くなることで細胞の老化も進むので飲むことで、若々しくなれるかもしれません。またストレス発散などにも繋がったり、ビールダイエットなどダイエットの道具として利用されるケースもあるのです。

しかし、髪の毛や育毛の面でみてみると、あまりいいことはないのです。お酒を飲むことでトイレが近くなる人も多いでしょう。利尿作用があるからです。こらにより尿を出しますが、その時に体内の水分も出されてしまいます。その結果血液がドロドロになりやすいです。そなため、髪の毛や頭皮への栄養が十分に届けられなくなるのです。

育毛でのお酒のマイナス要素とは

毎日寝酒なんてことありませんか。眠りにくいからお酒と思っているかもしれませんが、実はお酒を飲むことで眠りが浅くなるケースがあるのです。
その結果、睡眠が十分にとれないために実は髪の毛の成長を阻害しているなんてことになるのです。

またお酒を飲むことで、肝臓への負担が高まります。肝臓の疾患も懸念されますが、髪の毛に必要なタンパク質も肝臓で作られます。それがやはりお酒のせいで間属の働きが低下すると、髪の毛にも影響してしまうのです。

こうしてみる限り、お酒はあまり育毛にはいい影響は及ぼしません。ですので、育毛中は、断酒かもしくは減らすように心がけましょう。

この記事を読んでいる方は下記もおすすめです
育毛を続けるときにお酒は飲んでいいのか