自分で自分を客観視できません。他人から髪の量について指摘されたなら謙虚に受け止め市販薬で育毛を始めましょう。薬剤師さんからの助言も侮れません。

他人から何気なく髪の量を指摘されたりしませんか。もちろん悪い意味ではなく心配してくれているのです。自分を客観的に見ることはできません。信頼できる友人からの一言が事実を現わしています。謙虚に受け止めましょう。そして早めに対策を練りましょう。お医者さんの敷居が高いと思うなら、市販薬を使って育毛に励みましょう。

市販薬にも効果はあります

市販薬を使う市販の育毛剤であっても効果は認められています。代表的なのはミノキシジルです。女性用の製品もあります。使ってみると実感できます。ただし早めに始めた方が有効性は高いでしょう。本来は予防的に試した方が確実な成果が期待できます。

女性なら強い薬は怖いかもしれません。ならば漢方や生薬系の養毛剤などがあります。具体的なメカニズムは明らかになっていませんが、古くから伝えられている天然成分を配合した薬には未知の力が働いている可能性はあります。

個人輸入もできます

日本で売られている育毛剤や養毛剤は、あくまでも日本で認められている薬です。とはいえ市販薬は、お医者さんで処方される薬よりも弱めに作られています。つまり副作用を極力抑えたいからです。だからでしょうか、効果が実感できないこともありますね。

ならば海外の製品を使ってみましょう。特にアメリカ製であれば有効成分の濃度が違います。個人輸入は合法です。ただし強すぎることがあります。成功する確率も高いですが、何が起きても自己責任です。覚悟を決めましょう。

薬剤師さんと相談しましょう

薬局で売られている薬は自由に購入できます。最近はネット経由で買うことも可能です。とはいえ初めて使用する製品であれば、事前に薬剤師さんと相談しましょう。薄毛のタイプによって異なる対処法が求められるからです。

間違った使い方は抜け毛を助長し育毛に逆行するかもしれません。肌質に合わない場合もあります。薬が直接毛根を傷めている可能性も否めません。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。薬剤師さんの助言を謙虚に受け止めましょう。

遺伝に気づいたらお医者さんと相談して育毛しよう

医者に相談
親戚の集まりで自分が遺伝的に薄毛体質だと気づいたら、お医者さんと育毛について相談しましょう。諦めることなく早めに対処すれば予防は十分可能です。

男性に限った話ですが、薄毛は遺伝的な影響が少なからずあります。髪の毛の色などが遺伝するのと同様に毛髪量、毛根の力などに関係しています。これは避けられないことです。親戚の集まりなどで何となく気づいた際は、お医者さんと育毛について相談しましょう。早めに対策を行えば、最悪の事態を防ぐことは十分に可能です。

男性型脱毛症の遺伝子があります

薄毛は遺伝することがほぼ明らかになっています。そのような症状を男性型脱毛症AGAと呼びます。一時期テレビCMなどでも宣伝されました。「お医者さんと相談」このフレーズは、AGAから始まったと言ってもよいでしょう。

とはいえちょっと特殊な遺伝方法です。つまり母系遺伝です。薄毛の遺伝子は母親からもらう染色体の方にしかありません。そのため自分の父親が薄毛でも心配ありません。逆に母の兄弟、もしくは母方の祖父を見ましょう。それがあなたの将来像です。

お医者さんと相談しましょう

薄毛は病気なのか。「お医者さんと相談」とはそういう意味です。言い換えると医学的に治す、というよりは進行を止める方法が見つかっています。それがミノキシジルやフィナステリドを代表とする治療薬です。ただしこれに関しては男性のみが対象です。

病気の治療ではありますが、健康保険は使えません。全額自己負担の自由診療です。その論拠は、薄毛で死ぬことはないし放置しても問題ないからです。これは美容整形と同じ概念に相当します。本人にとっては切実ですが、中途半端ですね。これが理由で受診を躊躇する人も多いようです。

100%発症するわけではありません

がんもそうですが、関連遺伝子があるからといって100%発症するわけではありません。一説によると遺伝は3割、生活習慣が7割という報告もあります。過信してはいけませんが、心配しすぎてもいけません。そのストレスが逆に抜け毛を助長します。

気持ちを落ち着ける意味でも、お医者さんと相談することが大切です。直接的な治療まで至らなくても、症状に応じた育毛について教えてもらうだけでも結果が違います。一番よくないことは諦めることです。

育毛をする上で、医薬品と医薬部外品を知っておこう

医薬品と医薬部外品を調べよう医薬品や医薬部外品という言葉を聞いたことありますか。確かに聞くことあってもあまり意識したことないかもしれません。育毛剤でも関係があので、知っておいきましょう。

ドラッグストアで簡単に薬も買うことができます。その一方で、薬剤師のいる薬局でしか買えない薬もあります。こうしてみると、医師の処方せんの有無で薬の購入も変わってくるものです。
この違いってなんなのでしょうか。また育毛では、こうしたことあるのでしょうか。

医薬品と医薬部外品の違いも押さえる

改めて、医薬品と医薬部外品ですが先に挙げた処方せんも関係してきます。これがあるなしで、実は医薬品と医薬部外品がわかれます。医薬品は医師の処方せんも必要で、治療目的が明確、効果も明確になっているものです。ですので、何に効きますというのもはっきり書くことができます。

医薬部外品については、その予防目的ということで、処方せんは不要です。また、はっきりと育毛できるという明記はできない、効果を期待できるということにとどまるのです。
医薬品ならば大抵は効果を発揮したり、副作用もときにはでます。それにたいして医薬部外品だと、効果も人それぞれではっきりしたものでないということになるのです。

育毛と発毛の違いを明確にしておく

育毛では、髪の毛の抜けることを防いだり、今の髪の毛を健康的にすることが目的です。
発毛は髪の毛がなくなっているところから生やすことにあります。

ですので、医薬部外品の育毛剤は育毛では使えても、発毛では効果は薄くなります。ですので、発毛では医薬品を使うべきで、病院での診察や治療と本格的にしなければならないのです。
まずは、自分のしたいことが何かをはっきりさせてから、育毛剤を買うのか、また医薬品を買うのか決めた方がいいのです。その方が時間も予算も正しく使えることになるのです。

最近の育毛剤の実力を大紹介!!

育毛剤・・・衰えた毛根を活性化させて毛髪の状態を改善させる薬剤。薬剤と言っても医薬品として登録されている物は少なく、殆どが栄養素を添加しており、除菌雑菌等をさせる物が多い

最近髪の毛薄くなったなぁっと思った時、年のせいと諦めていませんか。
薄毛や抜け毛はもちろん歳によっての物もありますが、育毛剤を使ってある程度カバー出来ます。
もちろん、塗ったらニョキニョキ髪の毛が生えてくる事はありませんが、
状態を改善する事は出来ます。ではお勧めの育毛剤をご紹介しようと思います。

チャップアップ

三つの育毛成分配合の人気の育毛剤です。
価格も8000円以下で購入しやすく、しかもこの製品の特長の一番の魅力は永久全額返金保証制度がついている事です。
さらに購入後のアフターケアもしてもらえる画期的なシステムがあります。
その効果も口コミがその効果を証明してくれています。
症状の改善に加え予防にも効果があるのでこれからが心配な方、そして女性にも使える万能な育毛剤です。

ポリピュアEX

チャップアップにも負けず劣らずの人気があるポリピュアEX。
人気の秘密はそのコストパフォーマンスです。育毛剤等の効果は使い始めて約半年かかると言われます。
ポリピュアEXは1本で2か月程使えます。他の育毛剤を使った事ある人であればこのお得感は感じてもらえると思います。
また45日全額返金保証がついていますのでその効果を裏付ける内容でもあります。
定期購入等の制度もあるので更にお得に購入する事が出来ます。

プランテル

多くの育毛剤の中でもM字ハゲに特化した育毛剤はプランテル以外にはなかなかありません。
加齢による脱毛等が起きる人の殆どはM字ハゲの人が多いです。
天然素材を中心に二つの育毛成分で状態の改善をしてくれます。
こちらも上記と同じように全額返金保証がついていますので安心して使えます。

育毛剤は自分に合う物を

多くの育毛剤が販売されていますが、内容や成分には様々な違いがあります。
しっかり選んで自分に合う物を選びましょう。